2018年学習療法実践研究シンポジウムinふくしまに参加してきました。

2018年10月30日

『学習療法実践研究シンポジウムinふくしま』が郡山市にて開催されました。全国より発表者を含め850名の参加があり、大変盛り上りをみせたシンポジウムになりました。

当法人では学習療法を日々のケアに活かし、ご利用者が楽しく元気に過ごせるように取り組んでおり、その取り組みについて発表をさせていただきました。

シンポジウムでの発表

新しい取り組みに効果を期待して

発表は、特別養護老人ホームライフケア黒森の施設介護支援専門員、佐藤まゆみ係長が『新しい取り組みに効果を期待して』と題しまして行いました。

学習療法専属スタッフを起用し、学習療法を正しく継続的に行っている取り組みについて発表しました。

分科会 ポスター展示での発表

可能性は 無限大

ポスター展示発表ではこもれびの郷から、佐藤美加副主任が『可能性は 無限大』~できること再発見・そして新たな可能性へと題しまして事例を発表させていただきました。

シンポジウムを振り返って

今回シンポジウムに参加させていただき、発表や集いの場を通して、他施設の取り組みについても学ばせてもらうことができ、大変勉強になりました。

施設や地域で生まれる感動や変化・チャレンジを、全国から集う仲間と共に情報を共有し、自施設へ持ち帰り活かしていければと思っています。

これからも、『学習療法実践研究シンポジウムinふくしま』で得たネットワークを通じ、学習療法の輪を広げ、一人でも多くのご利用者が”楽しく、自分らしく”生活できるように、頑張っていきたいと思います。

皆さま ありがとうございました