実習で体験した不自由さが、「高齢者の生活を支えたい」と思うきっかけになりました。

入社年

令和2年

所属

特別養護老人ホーム ライフケア黒森

職種

ケアワーカー

新卒職員へのインタビュー

介護の仕事に就こうと思ったきっかけを教えてください。

高齢化社会を迎え、不自由な生活を送る高齢者さんも多くなっていると感じていました。そんな方々の生活を支えていきたいと思い、この仕事に就きました。

正覚会で働きたいと思ったきっかけは何でしたか?

高校在学中、職業ガイダンスで、正覚会が実施した高齢者疑似体験実習があり、参加したことがきっかけになりました。

実習の参加がきっかけになったのですね!
実際に体験してみていかがでしたか?

ゴーグルをつけて行う視覚障害の体験は、普通の階段でもとても恐怖を感じましたね。
耳栓をつけて行う聴覚障害の体験も、普通の会話では声が届かないので、工夫して話さないといけないなぁと色々考えさせられました。

貴重な体験になったようで正覚会としても嬉しいです。

実際に正覚会に入職してみていかがですか?

難しいことが沢山で、排泄ケア・入浴介助などが予想以上に大変でした。おむつのあて方・服の着脱、あまり無理すると痛い思いをさせてしまうので…工夫しながら行うよう心掛けています。

ご利用者側の視点で、常に考えながら介護を行っている様子が伝わってきます!

そんな自分はどんな性格だと思いますか?

一言で言うならすごく心配性な性格です。
4月から先輩と一緒に働きながら色々教えていただいているわけですが、一つひとつ教えてもらわないと心配なことだらけで、「失敗したらどうしよう…」と更に心配になってしまうんですよね。

逆に言えば「慎重派」なのかもしれませんね!

その性格は今後、業務に活かしていけそうですか?

そうですね、例えばご利用者が「楽しく生活できているか?」「体調に変わりはないか?」など日々心配をすることで、常に注意を払っていけそうだなと思っています。

逆転の発想ですね、心配性の人だからこそ見えてくることって確かに多いかもしれません!

では、仕事がお休みの日は何をしていますか?
趣味や好きなものなど教えてください。

車をいじるのが大好きです。休みの日は道の駅を巡りながらドライブをしたりしますね。新型コロナウイルスの影響で最近出掛けていないのですが…状況が落ち着いたら再開したいです!

では最後に、介護サービス(施設)の利用を検討されている方や、ご家族に一言お願いします。

はじめは分からない点も多いので不安だと思いますが、実際いらして現場を見ることで不安も一気に解消されると思います。

悩んでいるより、ぜひ一度見学にいらしてください。