法人の取り組み

学習療法

認知症に対する理解と適正なケアの推進を図るために特別養護老人ホームライフケア黒森において、平成17年5月より「学習療法」を開始し、ご利用者15名を対象に毎週月曜日から金曜日の毎日、一人あたり20分程度の学習を実施しております。

学習の積み重ねから、ご利用者の認知症の緩和や予防にも顕著な効果があることが明らかになりました。6ヶ月毎にMMSE・FAB検査を実施し、その数値と共に学習 の様子や日常生活の変化などをご家族にお知らせしています。

写真は、「読み・書き・計算」を中心とする教材を用い、学習者とスタッフがコミュニケーションをとりながら、楽しく学習を行っている様子です。

学習療法とは?(学習療法の定義)

音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者と支援者が行うことで、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善を図るものです。

【参考】学習療法センター


タクティールケア

IMG_1981 - コピー

ご利用者サービスの推進の一環として、平成17年8月より「タクティールケア」を開始しました。

現在はご利用者5名を対象に、一人あたり週に2~3回程度の実施をしております。タクティールケアを通してご利用者とコミュニケーションを図りながら、穏やかな時間をともに過ごしています。

実施により、不安な表情をされていたご利用者の表情が穏やかになったり、手の緊張がやわらいだりとさまざまな変化がみられています。

マッサージを通してふれ合いながら、ご利用者とともにゆったりとした時間を過ごしています。

タクティールケアとは?

緩和ケアにおけるスウェーデン独特の療法です。

手・足あるいは全身に対し、痛点を刺激することなく手全体でやさしく触れ、マッサージを行うことで、興奮状態や不安感、痛みなどを緩和するメソッドです。

【参考】日本スウェーデン福祉研究所


個別排泄ケア

平成15年6月より「TENA(テーナ)」の「スウェーデン式個別排泄ケアシステム」を導入し、個別排泄への取り組みを行っています。

現在は「排泄チーム」を設け

  1. 排泄サポート
  2. トイレットトレーニング
  3. スキンケア

について月1回TENAアドバイザーからも参加していただき検討会を実施しています。

スウェーデン式個別ケアの利点

利用される方についてのメリット

  • おむつ交換回数が減ることで利用者の肉体的・精神的負担が軽減されます。
  • 一晩の排尿量に合わせたTENAコンフォートを利用し朝までぐっすり入眠できます。

看介護者にとってのメリット

  • おむつ交換時間が大幅に短縮。
    生み出した時間を他のケアに費やすことができます。
  • 「個別」を意識することで排泄ケアでなく、ケア全体の向上につながります。

経済的なメリット

  • パットの使用枚数の減少。おむつ交換労働の減少につながり排泄ケアのトータルコストが軽減されます。

【参考】ユニチャームメンリッケ