小規模多機能型居宅介護事業所

北のかがやき小規模多機能型居宅介護事業所

tokubetsurojin_life_0011

北のかがやき小規模多機能型居宅介護事業所コンセプト

ご利用者一人ひとりが自分らしさを再発見できるよう「笑顔」「安心」「楽しみ」を提供していくとともに、馴染みの地域で暮らせるよう支援していきます。

  1. 私たちは、利用者の思いや願いをひきだし、実現できるように馴染みの関係を築いていきます。
  2. 私たちは、安心して暮らし続けることができるように、家族との連携に努めていきます。
  3. 私たちは、地域行事への参加や地域の方々との交流を大切にしていきます。

小規模多機能とは

tokubetsurojin_life_01
今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3つのサービス形態が一体となり、24時間切れ間なくサービスを提供できるのがその大きな特徴です。
「今の元気がいつまでも続くように。年を重ねても自分の目標や夢を持ち、自分らしく毎日を過ごせるように」健康はもちろんのこと、その方の人生文化を大切に心の豊かな充実した毎日、皆様の思いの実現のお手伝いができたら・・・それが北のかがやきの想いです。
私たちは「介護する」「介護される」の関係でなく、ご本人ができること、できる可能性があることに目を向け、持っている能力を活かし、ご本人の「暮らし」を継続的に支えていきます。

利用定員のうち、1日あたり
通い 15名
泊まり 9名
訪問 随時

取り組み

学習療法

kumon4

認知症に対する理解と適正なケアの推進を図るために、平成23年4月より「学習療法」を開始し、希望者を対象にご利用日に合わせて、一人あたり20分程度の学習を実施しております。
学習の積み重ねから、ご利用者の認知症の緩和や予防にも顕著な効果があることが明らかになりました。6ヶ月毎にMMSE・FAB検査を実施し、その数値と共に学習の様子や日常生活の変化などをご家族にお知らせしています。

写真は、「読み・書き・計算」を中心とする教材を用い、学習者とスタッフがコミュニケーションをとりながら、楽しく学習を行っている様子です。

学習療法とは?(学習療法の定義)

音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者と支援者が行うことで、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善を図るものです。

【参考】学習療法センター

炭酸泉温浴で血行促進

tsusho_kaigo_komorebi_12

 

炭酸泉というのはわかりやすくいえば、ラムネのようなお風呂のことです。

  • 疲労回復、筋肉痛・関節痛・腰痛などの疼痛緩和
  • 高血圧、動脈硬化、リウマチに有効
  • リラックス効果

 

アクセス

北のかがやき小規模多機能型居宅介護事業所
住所 〒999-8164 酒田市漆曽根字腰廻34番地
電話 0234-35-8610
FAX 0234-35-8611

map_kitanokagayaki
見学等は随時行っておりますので、あらかじめご連絡ください。

喜びの声をいただいています

利用者様の声はこちらをクリック