【グループホーム】2017新年会で初のお雑煮づくり

2017年の新年会を取り行いました。
そして今回グループホームでは、おやつの時間に「初のお雑煮づくり」をしながら新年の行事を楽しみました。ご利用者様は元々主婦の方が多く、職員も料理のいろはを教えて頂きました!

①新年会を皆さん笑顔で迎えました。

shinnenkai1

②今年の新年会は「雑煮作り」

shinnenkai2
今年は、ライフケア黒森でも「初」のお雑煮づくりに挑戦しました!
お餅の替わりに、お米をつぶし、丸めてお餅風に♪特製のお雑煮を作りました。

③お米をつぶして丸めて、丸餅風

shinnenkai4
これまでは、ご利用者様にとってリスクが高いことから、お餅が入ったお雑煮は提供できずにいました・・・・「お雑煮が食べたい」というご利用者様の希望に沿えず、悔しい思いをしていたのですが、今年は違います!お餅の替わりに「お米を潰したお団子」を使いました!
「きりたんぽ」のような食感で、もちっとしているのですが噛み切りやすく、安全も確保できたお雑煮を作っています。

④潰したお米をホットプレートで焼きました

shinnenkai5

⑤焼き目を入れて香ばしく♪

shinnenkai6
見た目はまるで丸餅のよう!おこげもついて香ばしく仕上がりました♪

⑥お米で作った「お餅風お雑煮」の完成

shinnenkai7

芋がらや油揚げ、のりも入ってと~っても美味しそうです!

⑦甘酒とともに、みんな一緒に「いただきます♪」

shinnenkai8

⑧「本当の雑煮みでぃで、んめのぉ~」

shinnenkai9

ご利用者様にお料理を手伝ってもらいながら、一緒に作ったお雑煮の美味しさは格別です!皆さん、大変喜んでくださいました。職員も、そんなご利用者様の笑顔と、美味しいお雑煮に嬉しい笑顔がこぼれます。

今後の行事に向けて

これまで、ご利用者様の安全や健康を考えて、「できないこと」や「あきらめていたこと」が沢山ありました。しかし、今回の新年会をきっかけに、考え方を変えるだけで、ご利用者様の要望を叶えるアイディアが生まることに改めて気づきました。

一人で考えると、どうしても考え方が偏りがちです。でも、職員一人ひとりが考え、意見を出し合うことで、いろんな可能性を見つけることができるのだと、新しい発見でした。

これからも、「できない」と決めつけるのではなく、みんなで課題を共有し、職員同士で意見を出し合って、もっともっとご利用者様の笑顔が溢れる行事を企画していきたいです。