離れて暮らす娘様より相談されたケース。お母様の日常を実際にご覧になって…

グループホームにいる母が日中どのように過ごしているのか心配で…とご家族からの相談

当時の様子

グループホームのご利用者が夜間帯に眠れないことが多く、日中に眠気が来てしまう昼夜逆転傾向が見られていました。

上記の様子をご利用者の息子さんへお話したところ、息子さんが遠方に住んでいる娘さん(息子さんからみた妹さん)に相談されました。

娘さんは看護師さんとのことで、

「母の様子ももちろん心配ですし、昼夜逆転していることで夜に活動的になってしまい、他のご利用者や職員さんに迷惑をかけていませんか」

と心配されていらっしゃいました。

そのような心配があり、娘さんより

「帰省の際に、母がどのような生活を送っているのか、日中一緒に過ごさせてもらっても良いですか?」

と相談があり、施設での生活に付き添ってもらい、日中の様子を共有していただくことになりました。

そして、付き添い当日

まずは、娘さんにご利用者の日々の日常生活の状況をお話しし、実際に付き添っていただきました。

ご利用者が他のご利用者と楽しく雑談をしたり、職員と学習療法を行っている様子を見ていただきました。

娘さんの感想

娘さんより、

「日中に寝てばかりなのかと心配していたが、他のご利用者と楽しく雑談をしたり、和やかに学習療法を行っている様子を見て安心しました」

「目が不自由なこともあり色々心配していましたが、他のご利用者にもお気遣いいただきながら、良いコミュニケーションが取れているようで良かったです」

との感想をいただきました。

娘さんは、今回の日常生活に付き添う形の面会を体験され、

「約6年前の入所時と比べても、身体状況やコミュニケーション能力が保たれており、母らしい生活ができていて本当に良かったです」

「日中、眠たい様子の時間帯もありましたが、元気に食事も食べていたので安心しました。皆さんのおかげです」

と、とても喜んでくださいました。

今回を振り返って

今回、遠方で暮らしている娘さんに”施設での日常生活”を付き添って見ていただいたことで、安心していただけることができました。

その後も、ご利用者の状態や生活リズムに合わせて継続した対応を行い、現在は昼夜逆転傾向の改善も図られています。

娘さんからの喜びのお言葉を励みに、今後も認知症の方への一人ひとりに合わせたサービスの提供を行っていきたいと改めて思いました。