【ショートステイ】誰かのために想いを込めて・・・”ほっこり幸せ気分”

ショートステイでは、

『いつまでも住み慣れた自宅での生活が続けられるように』

様々な生活場面から、ご利用者に『心の満足』を感じていただけるような活動を行っています。

活動を通して

「嬉しい」「よかった」「ありがとう」「自分でやってみよう」

というような気持の高まりが『心の満足』に繋がり、いつまでもその人らしく、いきいきとした生活を送ることができるようにサポートさせていただいております。

今回は、ショートステイの活動の一部をご紹介いたします。

下記の写真は「黒森保育園の掃除に役立てていただけるように」と想いを込めた雑巾作りの様子です。

「誰かの役に立てるって嬉しいね」

と、子供たちが雑巾を使って掃除をしてくれることを想像して、楽しみながら行いました。

昔から縫い物をされてきた方にとって、雑巾制作はお手のものです。
いったん針を通してしまえば、手の感覚で手際よく雑巾を縫われ、あっという間に完成するのでした。

制作した雑巾はきれいに包装し、保育園へ届けてきました。

保育園に到着すると、子供たちが大勢で待っていてくれました。
一人一人にありがとうの言葉と握手をもらって、目に涙を浮かべていらっしゃるご利用者もおられました。

「めっこいもんだの~。気持ちも若返ったようだ。」

とご利用者の皆さんは、園児の皆さんに喜んでもらえたので、嬉しくてほっこりした気持ちになられました。

そして後日…

思いがけず保育園児が雑巾のお礼を兼ねて訪問に来てくれました!

大きな声で歌も歌ってくれました。

「おじいちゃんも、おばあちゃんも、昔はこどもだったってホントかな?いたずらして叱られたってホントかな♪」

歌の歌詞にも、子供たちの笑顔にも感動して、ご利用者も職員も泣いて笑って、とっても素敵な時間でした。

お礼にいただいたメッセージカードには、プレゼントした雑巾を使って掃除をしている園児たちの写真と、かわいいおじいちゃんおばあちゃんの絵が描いてありました。

メッセージカードを見ながら

「こうやって写真で見せてもらうと嬉しいもんだね。」

「また作って届けに行こうね。」

と次回の制作に向けて、やる気が湧いていらっしゃるご利用者の皆さんでした。

黒森保育園のみなさんありがとうございました。

その他にも、ご利用者の趣味活動として、折り紙を楽しまれている方がいます。ただ折り紙を楽しむのではなく、折った鶴を活かすことを目標に活動しました。

酒田市広報で募集していた『届けよう!一羽の折鶴に願いを込めて』の取り組みに参加しました。

実際に、募集されていた広報誌とポスターを掲示して、多くのご利用者と職員が平和に願いを込めて被爆地へ届ける鶴を折ることができました。

自分たちの活動が、誰かの喜びや幸せに繋がることを考えながら取り組むことで、充実感を感じることができました。でき上がった折鶴は、ご利用者と一緒に酒田市役所まで届けに行きました。

ショートステイでは、ただ活動するだけではなく、活動をするその先を描くことで、活動がより楽しく充実したものになるように、ご利用者の『心の満足』に繋がる支援をしていきたいと思います。