マンドリン演奏を鑑賞してきました♪やっぱり生演奏は迫力があって素敵ですね!

平成29年9月5日(火)

酒田市の希望ホールにて「明治大学マンドリン倶楽部」の演奏会へ行ってきました。

「明治大学マンドリン倶楽部」は創部95周年を迎えられた歴史ある演奏団体様です。

当法人の監事のご厚意により、演奏会鑑賞の機会をいただき、グループホーム入居者様3名と職員3名での鑑賞です。

マンドリンは、パッと見た感じですとギターを連想させるような見た目で、調弦はヴァイオリンに近いようです。ギターのようにピックを使って演奏します。

マンドリンのみでなく、ギター・アコーディオン・大太鼓・サックス・ドラムなど総勢50名くらいのオーケストラ形態での演奏でとても迫力がありました!

演奏会会場の希望ホールへ移動、受付の横の演奏会のポスター前では記念写真パチリッ。

旧市民会館から希望ホールに新築されてから、初めて入ったというご利用者様は、大きくキレイなホールで感激!!の表情をされていました。

1階のステージ全体が見渡せる観覧のスペースで、生の演奏の迫力を感じながら鑑賞することができました。

演奏は、

第1部「古典音楽」

明治大学校歌や威風堂々などの海外の聴きなれた音楽

第2部は「マンドリンで奏でる日本の心」

テレビのドラマの主題歌や童謡、津軽じょんがら節のアレンジ曲など

第3部は「世界の音楽祭」

ビートルズやカーペンターズのヒット曲、映画音楽などの3部構成で、ご利用者様もどこかで聴いたことのある内容の演奏に、歌を口ずさみながら、手拍子も交えて楽しんでいました。

司会の方のナレーションも、時々笑わせてくれながらの進行で、約2時間半の時間もあっという間に過ぎてしまいました。

終演後は会場から帰る際に、演奏者の学生の皆さんがお客様をお見送りをしてくれました。この写真は、演奏会で指揮者をされていた学生さんがお見送りの際に一緒に写真を撮ってくれた一枚です☺

今回、夜の演奏会ということで、スケジュールも踏まえ夕食は外で(外食にて)いただくことにしました。演奏会の前に、会場近くの「伊豆菊」でかつ丼や親子丼などの夕食を美味しくいただきました。

帰りの車中は、「良い演奏だけのー。楽しけのー。」とお話しが途切れず、皆様興奮さめやらぬ様子でした☺

素敵な一夜の楽しい想い出となりました。